懐かしの人気者

伍代夏子の生い立ち!幼い頃は渋谷の魚屋さん!中学生頃からおしゃれ!

こんにちは、自由 まなぶです。

わくわくブログに

お越しいただき

ありがとうございます。

今回の記事は日本の演歌歌手の

伍代夏子さんは61歳と高齢者なんです。

美人顔で演歌を歌っている姿は

着物もすっかり本格派の着こなしで

今でも歌い続けて年齢を感じさせない歌手ですね。

力強く説得力ある歌声は今も見ても

変わらない人気が有りました。

高齢者以上の方は懐かしいと思うでしょう。

伍代夏子さん高齢者で有りながら

歌い続けられる秘訣は幼い頃に

遊んでいた場所がどんな所だったのか

出身地が気になったので

記事にまとめていきます。

短時間(約3分)でお読みいただけます。

伍代夏子の生い立ち!

 

東京都渋谷区宇田川町生まれの伍代夏子さん

今は、日本の中心となった渋谷の町で
幼い頃から商店街に出ては、いろいろな物を

発見していたのでしょう。

東急109は当時は有りませんでしたから

商店街は西武百貨店、渋谷駅の中には東急百貨店が

若い人たちへ、新しい洋服を紹介していたと

思います。

男性用はJUN、VANの流行品

ショーウィンドウに飾ってあったと思います。

渋谷の町は、昼間の顔と夜の顔では

全く違い、子供にとっては未知の街だったと思います。

そんな、思い出の街を伍代夏子は人前に出るのが

大嫌いだったみたいです。

伍代夏子のプロフィール

  • 本名:山田輝美、中川輝美(結婚前)
  • 別名:星ひろみ、加川
  • 生年月日:1961年12月18日
  • 出身地:東京都渋谷区
  • 身長:160cm
  • 体重:56.3kg(標準体重)
  • 血液型:A型
  • 星座:射手座
  • 学歴:実家が有った場所は渋谷区(神南小学校・大向小学校)卒業
       渋谷区立松濤中学校卒業の可能性大
       鷗友学園女子高等学校卒
  • 趣味:パチンコ・人形制作・ガーデニング・散歩・写真・旅行・ドライブ
  • ジャンル:演歌
  • 職業:歌手
  • 担当楽器:歌
  • 活動時期:1985年
  • レーベル:ソニー・ミュージックダイレクト
  • 配偶者:杉良太郎(1999年)

実家家族

  • 父親:魚屋「市六水産」の社長
  • 母親:一般人の方です。
  • 長女:一般の方です。
  • 次女:本人

家族

  • 父親:杉良太郎
  • 母親:伍代夏子
  • 子供:杉良太郎の連れ子(山田純大)

幼い頃は渋谷の魚屋さん!

魚屋の写真は伍代夏子の実家とは異なります。

代々木公園の西側に区画整理前

魚屋さん「市六水産」の看板を上げて

築地市場から新鮮な魚を仕入れ

渋谷界隈の都民の方達に食卓に並ぶ

魚、小料理店に並ぶ煮つけの鯛、

魚屋として繁盛していたと思われます。

そんな伍代夏子は魚を食べて育った。

お店で手伝っている時に、

父親からよく怒られていた。

邪魔だったのかは定かでは有りませんが

魚を取り扱うのに水を使いますから

きっと水遊びでもしていたのでしょう。

小学校の頃はよく仮病を使って

休んでいた。

人前に出るのが嫌いで、学級委員になった時も

登校拒否寸前になった事もあった。

お店のラジオから演歌が流れているのを

聴いて、大好きになった。

押し入れの中でこっそり演歌の練習をして
うまくなってきたと思い、オーディション番組への

応募はがきを書いたが人前に出るのが怖くて

はがきを投稿しなかった。

中学時代は卓球部に在籍していた。

中学校は渋谷区立の中の中学校へ通って

いたと思われます。

中学生の頃からおしゃれ!

学校帰りは井の頭通に面したNHK放送センターが

建っていて、西口側はタレント達の

出入り口でもあって、有名人を待つことも

有ったのではないでしょうかね。

ただ、大勢のいるところは嫌いでしたから

中学校から高校生になってからオシャレに

女の子ですから目覚めて、子供の頃から

お年玉で貯めた貯金箱のお金を

あっという間に使い果たした。

伍代夏子15歳の時にモデルとして

渋谷の公園で声をかけられて、スカウトされた

その手口が、スカウトされる為に公園を

何度も歩き目立つように声をかけてもらえるよう

呼び掛ける仕草をしていたところをスカウトマンが

声をかけてきた。

 

高校卒業後、モデル事務所で事務員兼任で

センチュリーレコードのレッスンに行った。
デビューするまで6年間毎日お茶くみと

電話当番をやりながら月給63,000円を

支給されていた。

当時の月給としては高校卒の人並みに

貰っていたと思います。

しかも、伍代夏子はモデルもこなしていたので

もう少し給料にプラスしていてもよかったのかも知れません。

事務所からの支給では満足いかず

渋谷の中華料理店でアルバイトをしていたそうです。

その中華店は表参道沿いにある「南国酒家」では

ここは、原宿駅にも近く、自宅が有った

代々木公園・代々木八幡駅に有ったからです。

こうして、事務所を往来してから

芸名:加川有希の名前で「夜明けまでヨコハマ」で

デビューしました。

デビュー当時は、幼い頃から人前に出るのが

大嫌いで、ストレスになって円形脱毛症になって

胃腸障害を患って、一旦歌手業を停止します。

その後、体調を整えて再デビューを果たします。

伍代夏子の生い立ち!幼い頃は渋谷の魚屋さん!中学生からおしゃれ!のまとめ

東京23区の中ではオシャレで流行の

先端を行く街に生まれた少女は
渋谷駅にも近く、歩く範囲には

原宿のオシャレ街が続く場所で

伍代夏子は、都会っ子として育っていました。

小さい頃から演歌が好きで、実家の

魚屋の店先にラジオからの演歌を聴き

自分なりに歌を覚えて、口ずさんで

心の中では、オーディションを受けて

歌手になる事を夢見て居たいです。

中学校からタレント事務所へ

足を運び、玄関先でアピールをして

事務所のスカウトマンに呼び止められて

歌手への一歩を踏んだのです。

24歳の時にでデビューしてしましたが

デビュー後、人前に出る事でストレスになり

また、胃腸障害になり1年間歌手を中断しました。

その後復帰して1966年25歳の時に

再デビューを果たしました。

ちなみに、伍代夏子の伍だいは、五木ひろしの

「五」の文字、「代」は八代亜紀の「代」

文字を使った。

そんな、伍代夏子さんは、最近は高齢者の仲間入りして

オレオレ詐欺の撲滅運動に協力する

キャンペーンに参加しました。

まだまだ、若くハツラツとしたお顔は、

高齢者とは思えないほど、まだまだ色気盛りみたいです。

しかし、高齢者の年齢は隠せません

自分の体は、自分だけが知っています。

これからも、健康に歌い続けてほしいですね。

日本の演歌は、わたしにもこころから

伝わってくる物が有ります。

益々活躍されることを願っています。

八代亜紀の幼い日の生い立ち!幼い頃から色々な歌が好きで志た! こんにちは、自由 まなぶです。 わくわくブログに お越しいただき ありがとうございます。 今回の記事は日本の演歌界のスーパー...

今日もわくわくウキウキブログを

最後まで読んでいただき有難うございました。