わくわくウキウキなこと

田村淳の家族構成!下関での生い立ちは 目の病気でメガネが必要わけ!

こんにちは、

自由まなぶです。

「わくわくウキウキブログ」

にお越しいただきありがとうございます。

今回の記事は元お笑いタレントロンドンブーツ1号2号・

司会者・作家・ラジオパーソナリティーの田村淳さんが

常に眼鏡をかけている事が

気になったので記事にまとめていきます。

田村淳のプロフィール

  • 本名:田村淳(たむら あつし)
  • ニックネーム:たむたむ・あつあつ・haderu・あっちゃん・社長・あつし
  • 生年月日:1973年12月4日
  • 年齢:48歳
  • 出身地:山口県下関市彦島
  • 身長:165cm
  • 体重:56kg
  • 血液型:O型
  • 星座:射手座
  • 学歴:山口県下関市立江浦小学校卒業
       山口県下関市立彦島中学校卒業
       下関中央工業高校卒業
       慶応義塾大学通信教育課程(小論文書類選考を経て3月末に合格・4月待つ入学)
       成績不良で中退。
       慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科修士課程に進学し修士
    趣味:お城・パソコン・バスケットボール
  • 職業:お笑いタレント・声優・歌手・お笑い・コメディアン・司会者
  • コンビ名:ロンドンブーツ1号2号
  • グループ名:Jealkb
  • 事務所:吉本興業
  • 活動時期:1993年-
  • 同期:ペナルティ
       DonDokoDon
       設楽統(バナナマン)
  • 現在の代表番組:田村淳のNewsCLUB
            田村淳の地上波ではダメ!絶対!
    配偶者:香那(カナ)(2013年-)

田村淳の実家の家族構成

  • 父親:田村等さん73歳現・2021年4月一般の方です。(三菱重工のクレーン運転手)
  • 母親:田村久仁子72歳現・2020年8月がんで死去一般の方です。(看護師)
  • 本人:
  • 弟:一般の方です。(調べましたが情報が有りません)

田村淳の下関での生い立ちは

下関と言ったら、みなさんは何を浮かべますか?

本州と九州を結ぶ関門トンネルの場所でもあります。

田村淳が住んでいた場所は島で東には巌流島があります。

本州と九州の間を関門海峡は日本海と瀬戸内海に通じる海流が

流れ海運の交通網としても流の早い海を船は航行します。

 

そんな場所で生まれた淳少年は、小学生からバスケットボールに

興味を示し中学生までバスケ部に所属していた。

島の中心に小学校、中学校が有り、対岸には1km先に九州の玄関門司が

見えています。

きっと、淳少年は、対岸へは船で渡ったかは、定かでは有りませんが

遊びに出かけていたのだと思います。

隣の町がよく見えたのだと、少年時代は思っていたと思います。

九州に渡れば、門司港にはめかり公園が有って

その展望台からは淳少年が住む彦島が見えていたと思います。

その関門海峡に沈む夕日は、大きな建物もなく、景色をさえぎる物もなく

日本海に沈む夕焼けは、淳少年にはどう映ったでしょうか。

高校生時代は、工業高校へ進路を決めて、入学を果たした。

工業高校では、学校のクラブではなくバンド活動を主に行っていた。

高校時代からJealkbのボーカルとして活躍していました。

高校時代からお笑いにも興味を示し芸能活動し、

地元のお笑いコンクールに出場して

優勝し色々な事にチャレンジしていた事もあった。

そんな、淳少年にもバスケットボールで

ボールをとらえるのに、瞬きをこらえて、

ボールの行方を見ていたからではないでしょうか。

ハッキリした事は分りませんが

淳少年はバンド活動でのステージで照明に目をやられて

徐々に目の不具合が歳と共に出てきたのでは

ないかと思います。

結婚して4年目の2017年になってから

田村淳が厚手の眼鏡サングラスをかけているのが

気になって病気ではないかと思っていました。

目の病気でメガネが必要について

田村淳さんがメガネを掛けていることが

皆さん気になっているみたいで伊達メガネ?目の病気?

調べてみると、昔、結膜炎になった事があった。

ドライアイの症状がひどく、サングラスとして遮光付きの

メガネをかけるようになった。

田村淳はもともと目の色素が薄くて光があたると

ドライアイでさらに眩しいからです。

メガネを掛けていないと、ドライアイが極度の乾燥で
目が光に対して敏感になった。

原因はドライアイで乾燥しないように目を守るために

治療方法として目薬の液体が白色の目薬を使用しています。

ドライアイを守るために目薬で治療しているみたいです。

わたしは、目は高齢者になっても、メガネを掛けずに

新聞・パソコン・携帯スマホの細かい字も

頑張って目を開けて読んでいます。

しかし、目が徐々に視力が落ちると、イライラ感が

増してきます。

田村淳の家族構成!下関での生い立ちは 目の病気でメガネが必要わけのまとめ

田村淳さんの家族構成・生い立ち・メガネを掛ける必要なわけは

淳少年は、下関の生まれで、関門海峡の海流にもまれ

九州の玄関口門司、小倉と人情味あふれた場所で育った

淳少年に襲い掛かった目の病気はドライアイスと言う

病気のために、司会を務めるなどの時にサングラスをして

テレビに出ることが、視聴者の方々に違和感を

感じて、さんのメガネに疑問を持ったのです。

わたしも、田村淳がなぜメガネを書けるようになったのか

知りたくて、調べて見ました。

調べてみて、彼の病名はドライアイでした。

いかがでしたか?

今回、何気なく検索していて気が付いた
田村淳さんの家族構成、
目の病気でメガネが必要わけについてのまとめを終わります。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

error: クリックできません。