時代の教え PR

【引き寄せの法則】何も心配しないでください 自分のポジティブな感情を実現しましょう!ルイーズ・ヘイ氏

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

自分との関係が最も重要で

持続時間が長いものであり、

他の関係は変動するもの。

結婚も最終的には終わり、

ただ一人残るのは自分自身。

他者を愛する前に、まず自分を

十分に愛し満足することが必要です。

第1章: 自分との良好な関係の重要性

  • 自分自身との関係が最も長続きするものであることを強調。
  • 他者に頼ることなく、自分自身を愛し、満足させることの重要性を述べる。
  • 他者に依存することが失敗した関係を引き寄せる一因であることをWayne Dyerの見解から引用。

第2章: 自己愛の外部関係への影響

  • 他者との関係に入る前に、まず自分自身に満足していることの重要性を強調。
  • 他者との関係は自己の信念や質を反映すると説明し、自己愛が成長するにつれて関係も変化することを指摘。
  • 自分を愛していない人との関係では、相手が不安定で妬ましく、自己嫌悪の感情を抱く可能性が高い。

第3章: 子供時代の影響

  • 自身の経験から子供時代のトラウマが成人関係に影響を与えることを共有。
  • 親との関係が個々の関係に影響を与えることを強調し、幼少期の経験がパターンとなりやすいことを説明。
  • 過去の関係をクリーンにし、許しと自分への愛を学びながら成人関係が向上する例を示す。

第4章: ポジティブな関係パターンの構築

  • 過去の関係を解決し、新しい関係に入る前に、自分を愛し、尊重することの重要性を強調します。
  • パートナーに変わることを望む代わりに、相手を受け入れ、成長と自己探求を奨励する必要性を説明する。
  • 新しい関係に入る前に古い関係をクリーンアップし、自分を愛し、他者を受け入れることで幸福な関係を築く方法を述べる。

まとめ:

自分を愛し、他者との関係をクリーンにし、ポジティブな思考と自己受容を通じて、幸福な人間関係を築くことができます。過去の経験から学び、自分を大切にし、愛することで、より豊かな新しい段階に進むことができるでしょう。

error: クリックできません。