時代の教え PR

大学というところにはもう価値があるのか​​?3人目から学費無償か?イギリスは

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

最近、日本でも大学費用の無償化が

叫ばれるようになってきた。

それも、家族の子供3人以上であれば

条件が満たされて、学費無料になる計画。

大学に行くのは、あくまで単位を取るため

スポーツ選手になるため、アルバイトするため

学生ローンは返済するもの。

 それでイギリスでは何が起こって

いるのでしょうか?

 2 つの異なる目的のためにローンを

与えられています。

 授業料を支払うためのローンが

与えられています 。

そして維持ローンも与えられています。

 

第1章: 大学の変化

 

大学へ進学することが当たり前とされ、親のプレッシャーや友達の影響が大きい状況を紹介。

英国の大学が無料だった時代から、現在の高額な授業料の導入に至る歴史的変遷。

第2章: 大学はビジネス

 

大学をビジネスと捉え、学位を商品として提供している現実について説明。

学生がお金を支払って学位を得る取引の一環としての大学教育。

第3章: 学生ローンの問題

 

英国のIFSが示す学生がローンを返済できる確率に焦点を当て、学生ローンの仕組みや問題点について解説。

学生ローンが生み出す平均的な卒業生の借金額や利子の存在を明らかにする。

第4章: 大学と雇用

 

学位の重要性と、特定の職種に進む場合の必要性について説明。

卒業生の雇用に対する企業の期待と、学位取得の有用性について考察する。

まとめ

 

大学には賛否があるが、重要なのは自分自身の興味と目標を見つけること。

ギャップイヤーを活用し、仕事や旅行、ネットワーキングなど様々な経験を通して自分を知り、将来への方針を見つけることが重要。

学生ローンは懸念事項だが、将来の投資としての視点も考慮すべきである。

error: クリックできません。