わくわくウキウキなこと

寺田光輝は元プロ野球投手!医学部に合格したのは 実家の家族が医者

自由まなぶ
にお越しいただき有難うございます。
今回の記事では
スポーツ(プロ野球)選手の寺田光輝さんが

医学部に合格した記事をまとめていきます。

 

最近では、ラクビーボールの選手だった

福岡堅樹(ふくおかけんき)が

順天堂大学医学部に見事合格した。

 

今回は、元DeNA投手の寺田光輝さんが

東海大学医学部医学学科に編入試験に合格した。

 

幼いころから野球好きな少年は

小学生から大学、プロ野球を目指した。

寺田光輝さんを検索してみると

色々と分ったことが有りました。

三重県の小学校に通っていた3年生の時に

野球を始めました。

実家は寺田クリニックという病院です。

寺田光輝さんのプロフィール

  • 寺田光輝(てらだこうき)
  • 生年月日:1992年1月5日
  • 出身地:三重県伊勢市

 

【学歴】

伊勢市立厚木小学校・3年生の時に軟式野球を始める

中学進学後は軟式野球部へ所属しました。

 

高校は伊勢市の進学校・三重県立伊勢高校(偏差値57~60)に

入学後硬式野球部へ入部しました。

 

三年生の時、甲子園とは無縁だったチームを

春季三重県大会で準決勝まで導きました。

 

投手として活躍して高校生活を終えました。

 

その後、三重大学教育学部に入学します。

しかし、

三重大学の教育学部の「レベルの高さに圧倒され」大学1年夏に休学します。

 

同大学の医学部を再受験しますが、二次試験は不合格になりました。

 

2年後、後輩の誘いで茨城県の筑波大学に入学しました。

 

筑波大学では硬式野球部へ所属

4年生の時、救援投手として、首都大学野球のリーグ戦に登場します。

 

この間も、野球をあきらめきれず、投手としての

練習を続けたもののプロとして自信がなくあきらめました。

 

第二の人生、硬式野球への道へ

 

筑波在学の同期生にはラグビー選手の福岡堅樹さんがいました。

 

卒業後は三重に帰って地元の銀行へ就職予定でした。

当時の硬式野球部助監督(奈良隆章さん)から

「ここで野球人生を終わるのはもったいない

野球を続ける道を探したらどうだ」と勧められたきっかけに

独立リーグからNPB(一般財団法人日本野球機構)を目指す

ことを決意しました。

 

石川ミリオンスターズに入団

銀行内定を辞退して、ベースボール・チャレンジ・リーグ(BCリーグ)の

石川ミリオンスターズに入団しまた。背番号は14です。

 

2016年入団一年目からクローザー(抑える投手)

「リリーフピッチャー」として、前期リーグ戦(全36試合)だけで

20試合に登板し1勝11セーブ自責点0と好成績を残した。

 

後期も40試合登板し3勝1敗10セーブ、

防衛率1.11と好調だったが

秋のNPBドラフト会議ではどの球団も指名は無かった。

 

2017年の二年目は、成績は通算0勝3敗10セーブ、防衛率2.14と

前年を下回ったが、NPBドラフト会議で横浜DeNAベイスターズから

指名を受けやっと入団が決まったのです。

 

2018年、DeNAに入団した寺田光輝さんは、

6月26日に横浜スタジアムで二軍主催の公式戦

(イースタンリーグ対東北楽天ゴールデンイーグルス戦)

9回の表に登板しましたが、腰痛を発症したのです。

 

後の診断で椎間板ヘルニアが判明しました。

 

8月に患部の手術を受けシーズンを通じて二軍生活に終始してした。

 

公式戦では、13試合の登板で0勝1敗、防御率6.00を記録しました。

 

しかし、手術後も腰痛に悩まされていた。

 

2019年は、腰痛のせいで、投球ホームを

変えて試合に臨んだがイースタンリーグでは、

公式戦唯一の初勝利を挙げた。

 

その後の成績は振るわず結果として

防御率が9.86にとどまった。

 

結局、DeNA一軍公式戦への登板機会が無くり10月1日に

球団から戦力外通告を受けたのです。

 

家族からは、長男でありながら、今まで自由に野球を続けられ

本望ではなかったのでしょうか。

 

最後の引退試合になったのは、11月12日に12球団合同トライアウト

大阪シティ信金スタジアムへ参加した後に、現役からの引退を決めたのです。

 

寺田光輝さん引退後の道

野球に限らず、スポーツ選手による怪我は

進退問題でもあります。

 

また、年齢的にはまだ働かなくてはならなくて

収入も現役時代とは大きく差が出てきます。

 

そんな寺田さんが引退後、「伊勢市の少年野球に何か貢献したい」と

思い浮かべたのが実家の家族が医師であることから

ラグビー選手だった福岡さんと同様の医師を

目指すことを決めたのです。

 

三重県でも新型コロナウイルスへの感染拡大に

向き合う父やアメリカの元プロ野球選手の
マーク・ハミルトン(セントルイス・カージナルス時代の

2011年にワールドシリーズを制覇した経験の

元メジャーリーガー)のような医師になる事を決めた。

2020年2月から塾の予備校に勤務しながら

再び医学部の入学試験に向けて勉学に励んだ。

今年、2021年6月末に東海大学の医学部

編入試験に合格した。

 

10月から東海大学へ5年半在籍して

所定の課程を修了後に医師国家試験を受験します。

 

希望している科は、診療科「スポーツ整形外科や内科」で

医師国家資格に合格すれば、NPBの選手経験者から

初めて医師誕生となります。

 

まとめ

 

わたしは、寺田さんの事は、知りませんでした。

ラグビー選手の福岡さんは、話題になっていたので

知ってました。

 

今回、寺田さんの記事を書く事で、

13年間の間で、文武両道で勉学、スポーツの二刀流的な

事を自分の物として、実行してきたことは

実に良い経験だったと思います。

 

野球との出会い小3から大学、NPB(一般財団法人日本野球機構)から

プロ野球へ進んだ道は、自分にとって良い経験だったと思います。

 

もし、寺田さんが身体の故障もなく、新型コロナウイルス感染拡大に

遭遇していなかったならば、野球を続けていたでしょうか?

 

プロ野球選手の中には、守備はほどほどで、本塁打を

打つことだけに専念している人もいます。

 

打てなければ、おしまいです。(二軍落ちは見え見えです)

 

 

寺田さんの場合は、実家がたまたま、家族が医者だった

からこそ、小さい頃は野球選手だったかもしれませんが

幼い頃に見た現実は医者だったのかもしれません。

 

5年半後の寺田さんは医師免許取得して

先生として伊勢市の子供たちの診療に携わっている事でしょう。

 

寺田さん情報が有ったら、記事を書きます。

 

今日もわくわくウキウキブログを
最後まで読んでいただき有難うございました。