わくわくウキウキなこと PR

加藤浩次の生い立ち!幼い頃は北海道札幌から小樽で育った!実家家族は!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは、自由 まなぶです。

わくわくブログに

お越しいただき

ありがとうございます。

今回の記事は、お笑いタレントで司会者の

MC加藤浩次さんです。

情報番組ではすっかりおなじみです。

持病の気管支喘息で独特の声を

朝から聞いていた「スッキリ」が

2023年3月で番組が終わる。

2006年から2023年の17年間

加藤浩次さんは自分の持ち味を活かした番組だった。

日本テレビの朝の番組が、昭和のズームインから

令和のスッキリまでを色々な方のMCが

活躍した。

そんな加藤浩次さんの

生い立ちや育った場所が

どんな所だったかが

気になったので

記事にまとめていきます。

短時間(約3分)でお読みいただけます。

加藤浩次の生い立ち!

北海道の実家は最初札幌市内に

実家はあったようです。

札幌市の大谷地で両親の元で生まれて

幼稚園、小学2年生の時に札幌から

小樽に引っ越した。

加藤浩次さんは幼稚園の時に住んでいた場所は

記憶に残っていると思います。

しかし、加藤浩次さんの感覚では小樽が

実家だと小学2年生の時に強く思った。

小樽の町は観光地でもあり、

大勢の観光客が小樽の運河を観ては

明治時代に造られた建物や商業施設を見て感動している。

北海道新幹線も新小樽駅を着工して

札幌までのルートを工事中、ますます便利になって

小樽は栄えると期待されています。

空の玄関口の新千歳は、飛行機の離発着地として

また、空港内の道内のお土産さんがずらっと並び

日本一のお土産屋さんとしても観光客には人気です。

道にそれました。

札幌小樽間はJR北海道の函館本線で

快速で約40分ほどで着きます。

小学生で転校した加藤浩次さんは

自宅の裏山で冬場はスキーをして遊んでいた。

離婚後、お兄さんとともに母親に引き取られ
母子家庭で育った。

母親は札幌の競馬場の宿舎の寮母として

働いていて、小樽駅からは琴似駅まで

約1時間の距離を毎日通勤していた。

競馬場では騎手で有名な武豊さんとも

周知の仲で「選択をしてもらったり」

お母さんにはお世話になっている。

加藤浩次さんは子供の頃から運動神経が

万能で小学校からサッカーが好きだった。

小学校に転校しても学校の成績が良く

学校の児童会長を務めたほどの模範生徒でした。

小樽の小学校は年々生徒数が激減して

2018年3月に加藤浩次さんが

通っていた学校は閉鎖されました。

小学校を卒業して中学校は地元の

公立中学校に入学して、小学時代から

サッカーをやっていたのでサッカー部に在籍した。

とにかくサッカー好きな少年は部活に打ち込んだ。

中学時代にはサッカーの北海道選抜に

選ばれたのです。

また、サッカー部の主将を務めています。

加藤浩次さんはサッカーに関しては自分以上に

上手いのはいないと思っていた。

しかし、東京選抜と試合をした際、

サッカー少年の最少記録で日本サッカーリーグで

デビューしている菊原志郎(元ヴェルディ川崎)さんの

プレーを見て、歯が立たないと実力の差でやる気を失った。

思春期の加藤浩次さんは親と衝突して夏場家出して

中学校の体育館で寝た事が有った。

この頃から芸能界に興味を示し、

芸能人に憧れを持っていた。

中学校を卒業して、高校を受験しました。

県立の北海道では三番目に古い伝統校

古くから進学校として知られています。

小学校時代からサッカーをやっていて

高校に入学してもサッカー部に所属していました。

サッカー部ではキャプテンを務め責任感も人一倍だった。

食べ盛りの加藤浩次さんは、母子家庭で

母親は札幌競馬場の寮母さん仕事が忙しくて

昼食の時間は菓子パンを毎日食べて過ごしていた

加藤浩次さんは同級生の女の子をからかって

女の子からは嫌われていた。

しかし、他校の女子高生からはスポーツマンで

男らしいところが人気が有った。

高校2年生の時には地元小樽のタウン誌

「月刊ラブおたる」内の「Nice Campus Boy」の

コーナーに写真付きで掲載されたことが有った。

進学校に通学していことで他校男子生徒に

なめられていた。

授業中は太宰治の小説をよく読んでいた。

高校生の時に芸能人と小樽運河でロケをしていた

鷲尾いさ子さんとツーショット写真を撮らせてもらった。

また、小樽ロケに来ていた斉藤由貴さんを

バイクで札幌まで追いかけて写真を撮った。

進学校でありながら高校から大学進学を

あきらめたのは、経済的な事情で進学できませんでした。

出身校は大学に入学できるレベルの高い高校でした。

大学進学をあきらめた加藤浩次さんは

高校卒業と同時に運送会社の西濃運輸・札幌支店に

就職しました。

会社での仕事は事務員兼運転手配送として

勤務していました。

社会人になって知り合った女性が劇団「劇団東京ヴォードヴィルショー」の

元研究生だったことを知って

1989年佐藤B作率いる同劇団に入団するために

西濃運輸を9ヶ月で退職しました。

人生の始まりなんでしょうかね?

北海道から東京へ上京する直前に

自動車事故を起こして修理代に上京資金全部が

消えてしまい、「東藤さん」が20万円を

工面してくれました。そのおかげで加藤浩次さんは

東藤さんを恩人としています。

またっくお金がなかった事から、東京では

家賃3万2千円のトイレ共同・風呂なしの

安いアパートに住んでいました。

銭湯代を節約するために夏は流しで

身体を洗っていた。

劇団で知り合った山本圭壱さんと櫻庭博道さんと

一緒にお笑いトリオ「極楽とんぼ」を結成しました。

トリオとしてスタートしたのですが櫻庭さんが

すぐ抜けていった。

加藤浩次さんははじめてお笑いライブに

出演した時に、惨敗したのです。

当時としてはお笑いの二足の草鞋を履く

つもりでしたが、悔しさもあって山本さんと

一緒にお笑いに専念し劇団を退団した。

この時からお笑いコンビ「極楽とんぼ」として

活躍し始めたのです。

1990年にバラエティ番組に出演した際

ディレクターに見いだされ、「ナインティナイン」

「よゐこ」、光浦靖子さんと一緒にバラエティ番組

「とぶくすり」のレギュラー出演に抜擢され

ブレイクを果たした。

以降、数々のバラエティ番組に出演して

人気お笑いコンビとなったのです。

2006年の山本さんの不祥事により

活動を休止しました。

コンビとしては仕事ができなくなり

司会者、MCとして仕事が中心になった。

この年の情報番組「スッキリ」の

司会者を務めたのです。

ハスキーボイスの声で喘息もちの加藤浩次さんは

過激な発言にたびたび炎上しまが、

そのことが高い人気を誇っています。

加藤浩次のプロフィール

  • 本名:加藤浩二(かとう こうじ)
  • ニックネーム:狂犬
  • 生年月日:1969年4月26日
  • 出身地:北海道小樽市
  • 身長:177cm
  • 体重:75kg当たりと言われてる
  • 血液型:O型
  • 星座:牡牛座
  • 学歴:小樽市立入船小学校卒(閉鎖2018年3月末)
      :小樽市立松ヶ枝中学校卒
      :北海道立小樽潮陵(ちょうりょう)高等学校卒
  • 出身:劇団東京ヴォードヴィルショー
  • コンビ名:極楽とんぼ
  • 相方:山本圭壱
      :櫻庭博道(旧メンバー)
  • 芸風:コント(ツッコミ)
  • 立ち位置:右(左の時もある)
  • 活動時期:1989年-
  • 同期:雨上がりの決死隊
      :名倉潤(ネプチューン)
  • 趣味:映画鑑賞・マンガ・ゲーム・フィギュア・モデルガン収集・サッカー観戦・クリー射撃
  • 特技:サッカー・スキー
  • 事務所:吉本興業(2019年9月30日まで)
       :加藤世田谷本店株式会社(2021年3月31日まで)
       :株式会社82style(2021年4月1日-)
  • その他の活動:俳優・司会
  • 配偶者:元女優の緒沢凛

実家の家族

  • 父親:幼い頃離婚
  • 母親:寮母さんとして働いていました。
       再婚の相手は深野正一さんです。
  • 長男:お兄さん。
  • 次男:本人

家族

  • 夫:本人
  • 妻:緒沢凛さん
  • 長女:21歳
  • 長男:18歳
  • 次女:17歳

加藤浩次の生い立ち!幼い頃は北海道札幌から小樽で育った!実家家族は!まとめ

北海道札幌市で生まれ、小樽で育った

加藤浩次さんは小樽が生まれ故郷だと

思っている。

小樽は山が直ぐ側までせり出していて

学校は小高い丘に有り、小樽港が見える。

冬場は裏山でスキーで遊んでいて

春から夏、秋はサッカーに熱中していた。

そんな、加藤浩次さんも、今はテレビの看板司会者

厳しい発言で、ゲストをビビらせる。

持病の喘息でハスキー声で、お笑いみたいに

突っ込んで進行しては、まとめて行く

お笑いとMCをやり遂げる加藤浩次さん

これからも、体に十分気を付けて

健康でさらなるご活躍される

ことを期待し応援して行きます。

今日もわくわくウキウキブログを

最後まで読んでいただき有難うございました。

error: クリックできません。