わくわくウキウキなこと

ラッシャー板前のプロフィールと旅サラダが仕事!食レポは舌で感じる!

こんにちは、自由 まなぶです。

わくわくブログに

お越しいただきありがとうございます。

今回の記事はお笑いタレント、たけし軍団で

朝だ!生です旅サラダに出演していた

ラッシャー板前さんが「旅サラダ」を

卒業すると発表したのを聞き、

気になったので記事にまとめていきます。

短時間(約3分)でお読みいただけます。

最後までお付き合いの程、よろしくお願いいたします。

ラッシャー板前と言えば、

たけし軍団のメンバーで、オレたちひょうきん族の

番組で、危険を知ってか、挑戦して

番組を盛り上げていた一人でした。

そんな、ラッシャー板前の人柄を

朝日放送テレビ株式会社ABCは

テレビ朝日系列で近畿広域を

放送対象地域として番組を配信しています。

全国放送として旅サラダを生放送で

地元の特産品を紹介するレポーターとして

活躍していたラッシャー板前さんが

朝の番組から消える事になるんですね。

ラッシャー板前のプロフィール

  • 本名:鈴木 浩(すずき ひろし)
  • 芸名:プロレスラー・力道山をもじって力道川(りきどうがわ)で活動後
       ラッシャー木村になぞらえたもので弟子入り前の板前修業経験から
       板前と命名した。
  • 生年月日:1963年6月15日
  • 出身地:千葉県松戸市
  • 身長:168cm
  • 体重:67kg
  • 血液型:A型
  • 星座:ふたご座
  • 学歴:松戸市立河原塚小学校卒
       松戸市立河原塚中学校卒
       松戸市立松戸高等学校卒
  • 趣味:ゴルフ・トランペット・温泉めぐり
  • 特技:柔道・サッカー・料理
  • 師匠:ビートたけし
  • グループ名:たけし軍団
  • 職業:お笑いタレント

ラッシャー板前の生い立ち

 

千葉県松戸市は北西部に位置し

鉄道網が東西南北と走っている場所の

武蔵野線が南北に走っている

地域に河原塚小学校・中学校が有り

その場所は塚と言うほどですから

すこし丘になっている場所でもあります。

まてばしい通りを走って松戸駅へと続く道です。

小学校・中学校近くには東京都立八柱霊園?

東京都立の霊園になっています。

場所は千葉県松戸市の場所なのに。

霊園は小高い丘と谷間に造られていて

フランス風の幾何学模様の庭園に

鈴木少年の学校が近くに有ったので

遠足やマラソン大会、ウォーキングコースとして

人気が有り市民の皆さんに親しまれている。

八柱霊園の面積は105ヘクタール(約1平方キロメートル)

東京ドーム約20個分の面積の広さです。

高校生活は通学に自転車で10分程度の

八柱霊園の目の前に高校が有った。

学校の前の道路はさくら通りと言って

桜の季節になると見事に咲いた桜が

道を枝が覆いかぶさる感じが

通学や通勤で走る人、散歩している人の

心を癒してくれる道路になっています。

余談ですが、この霊園の隣に

小型モーターで有名なマブチモーターの

会社社屋が立っています。

ラッシャー板前は高校卒業して

二十歳になるまでの2年間は

板前修業をしていた。

その後、板前修業を辞めてビートたけしへ

弟子入りを、最初の芸名は「力道川」でスタート。

芸名を付けたのはびーとたけし(師匠)が

青年鈴木の恰好(常に赤と黒の

オープンシャツにワニの甲羅模様の

入った黒のズボン、わに革のベルト

白いエナメル)が力道山に似て

いたので力道川とした。

力道川は師匠の付き人になった事で

フジテレビの番組「ひょうきん族」

日本テレビの番組「スーパージョッキー」

に出演することができた。

また、師匠のほかに明石家さんまの

付き人として勤めた事もあった。

その他の番組にも出演の機会が有って

朝日放送との出会いが1997年4月の

全国の生中継に出演する。

大阪のABCテレビ・テレビ朝日系列の

朝の番組、8時スタートの国内・海外の

旨いもの紹介と旅先を紹介する情報番組

「朝だ!生です旅サラダ」に生出演しています。

ラッシャー板前としてのレギュラーを

どうして射止めたのでしょう。

最初のリポーターは松尾伴内が務めていた。

食レポートで苦手な海産物を口に入れて

食事する映像で旨く、美味しさを伝えられなかった。

生牡蠣や雲丹等は特に苦手だったみたいで

食レポにならなかったそうです。

白身の魚を食べた時の感想が「口の中で溶けて美味しい」
その魚は傷んでいたから溶けて柔らかくなっていた。

ラッシャー板前は松尾に魚の表情を出すのに

「マグロは赤身系で良いんです」

白身の魚は溶けないから!

歯ごたえが有る魚と言えばいいよと

リポーターとしての教えをしていたそうです。

松尾はこの放送後にラッシャー板前と交代したのです。

あれから、25年もの間、全国各地の

海の海産物や畑や山の農作物を

食レポして、美味しさを舌で感じ

届けてくれました。

ラッシャー板前のプロフィールと旅サラダが仕事!食レポは舌で感じる!のまとめ

誰よりも、美味しさを伝えたかったのは

ラッシャー板前奥さんではなかったと思います。

口の中を火傷しては、舌で感じた美味しさを頂き

番組を観ていて、美味しさがわかる

消費者の一人として、ラッシャー板前

食レポを楽しみにしていました。

これからは、家族団らんで食レポを!

今日もわくわくウキウキブログを

最後まで読んでいただき有難うございました。