わくわくウキウキなこと PR

IKKOさん痩せた姿を見た!生い立ちは!父の仕事はヤクルトおじさん!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは、自由 まなぶです。

「わくわくウキウキブログ」に

お越しいただきありがとうございます。

今回の記事はタレントのIKKOさんが

激やせしているテレビ番組を観て

健康状態大丈夫かな。

また、父親の事を話していた事が

気になったので記事にまとめていきます。

IKKOのプロフィール

  • 本名:豊田一幸
  • 読み方(いっこー/IKKO)
  • 生年月日:1962年1月20日
  • 年齢:60歳
  • 出身地:福岡県田川郡福智町
  • 身長:171cm
  • 体重:83kg
  • 血液型:A型
  • 星座: みずがめ座/やぎ座(1月20日生まれは西暦ごとに違う)
  • 学歴:福岡県田川郡福智町立伊方小学校卒業
       福岡県田川郡福智町立方城中学校卒業
       福岡県立西田川高等学校卒業
       北九州美容専門学校卒業
  • 特技:書道家(雅冬炎・みやびとうえん)
  • 職業:タレント・ヘアメイクアーティスト
  • 活動時期:1982年-

IKKOの実家家族

  • 父親:豊田幸信(2008年8月に肝臓ガンで亡くなっています。)
  • 母親:豊田朝子・旧姓:高津(美容師)
  • 長女:美穂一般の方です
  • 次女:ルミ一般の方です
  • 長男:一幸(IKKO)
  • 妹:一般の方です
  • 6人家族

IKKOのプロフィールから生い立ちをさかのぼってみた

 

福岡県田川郡は福岡県の郡で
海岸線を唯一持たない郡です。

福智町は田川市がかっては炭鉱町
であったころは、大勢の炭鉱夫が
働いていた町でした。

青春の門の映画は、隣の市飯塚が
舞台になったところです。

飯塚と田川は炭鉱夫が働いて
町は栄えていた頃です。

飯塚と田川の間に関の山と言う
石灰岩の山が有ります。

その山には小学生2年3年の頃
町内の先輩方と一緒に登山した
事が思い出として残っています

山の頂上からは、田川の町が
見えていました。

当時はボタ山が多く点在して
IKKOさんのお母さんも
ボタ山で石炭くずを拾っていた

私の母も、ボタ山の中腹で
トロッコが頂上まで来るとトロッコの
ふたが開き、石炭くずを落としていた

それを拾って、自宅の釜戸の燃料と
して、お風呂にも使っていた。

わたしは、IKKOさんより13歳
年上です。

当時の事を、記憶に頼ってみました。

IKKOさんの父親幸信さんが
東京から帰郷後、乳酸菌飲料の
配達をしていると聞きました。

その飲料こそ「ヤクルト」だったんです。
当時は、自転車で、男性の方が
自転車の後ろに、木枠でできた箱の
中に10cm程のビンの中に乳酸菌
飲料が入っていました。

乳酸飲料の工場は、水の奇麗な場所の
住宅の中で、乳酸菌の原料(18L缶)が
入っている製品を、当時としてはステンレス製の
マシーンが動き、10cm程の容器に
流し込んでいたのを覚えています。

また、ヤクルトのフタは紙で出来ていて
ヤクルトを契約している方にはビンのふたを
開ける画びょうが付いた。

取っ手の部分がプラスチックになって
ふたの丸い形をしている栓抜きが有りました。

IKKOさんは「お父さんが日雇い」と
言われたのが「みっともないと」と子供ながら
凄く嫌だった。

私はIKKOさんが幼い頃だから、そう言ったのかもしれませんが

私の父もIKKOさんのお父さんと一緒の
仕事、ヤクルトの配達を、遠くは稲築、嘉穂の地域に
配達してました。

その父も今はいません。

どうして、私が乳酸菌飲料の事を知っているか
それは、親戚の家が、乳酸菌飲料の工場を持って
父が働いていたからです。

飯塚市、田川郡、後藤寺は子供の頃の
思い出の場所でもあり、懐かしく感じ

IKKOさんが、父親が乳酸菌飲料を
玄関先の木箱の中に入れているのを
見かけたと話していたのを聴いて思い出したからです。

九州の人は、色々なアイデアを生かし
IKKOさんは自分に有った生き方を
幼い頃に、強く感じたのでしょう。

父親とのキャッチボールが引き金になって
父親と離れ遊ばなくなった。
姉と良く遊ぶようになり、母の美容室の事を
良く見ていて、幼少期に観察したのでしょう

その思いは、美容学校に通って技術を磨き腕を挙げ
今までにない、アイデアを生かした仕事として
飛躍している。

IKKOの生い立ちは!父の仕事はヤクルトおじさん自慢できる!のまとめ

昭和30年代後半の頃の九州の筑豊地方は
石炭採掘の宝庫で、全国から炭鉱夫として
福岡へやって来ていました。

そのまっただ中で、豊田幸信さんは東京へ
上京し安定していた大手会社を退職し
東京で職を替えて、帰郷します。

幸信さんと朝子さんとの間に長男一幸が誕生しました。

しかし、筑豊地方の炭鉱も、徐々に石油に
押され、石炭を掘る人達が徐々に土地を離れて
人々が徐々に減って行くさなかに、

父が選んだ仕事は乳酸飲料の配達員です。

当時は、ヤクルトを配達する人は男性でした。

乳酸飲料ですから重くて、配達には時間が掛かります。

今のように、バイクや三輪車でヤクルトレディーでは
ありませんでした。

重い乳酸菌飲料を配る女性はいませんでした。

IKKOさんのお父さんは、配達先の自宅で
話し相手にもなってくれたみたいですね。

やっぱり、IKKOさんのお父さんですね
本当は優しい、父親だったと思います。

キャッチボールも今思えば、わざとらしく
身体にあてて、もっと大きくなって欲しいと
思っての行動だったのかもしれませんね。

最近、忙しいIKKOさん身体に気を付けて
これからも女性の味方として、日本中の
女性をより良い美容を考案してください。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

error: クリックできません。