懐かしの人気者

山川豊の生い立ちは!実家は貧しく家族は!幼い頃を過ごした場所!

こんにちは、自由 まなぶです。

わくわくブログに

お越しいただき

ありがとうございます。

今回の記事は演歌歌手の山川豊さんが

演歌ではなく映画に約27年ぶりに

出演することが決まったとの記事を見て

演歌歌手としては2021年40周年と

ベストアルバムを「デビュー40周年記念

コンプリートベスト」を昨年発売した。

精力的にコロナ禍で活躍されている

山川豊さんの幼い頃に過ごした

場所がどんな所で育ったのか

気になったので

記事にまとめていきます。

短時間(約3分)でお読みいただけます。

山川豊の生い立ちは!

三重県鳥羽市石鏡町は「ゴジラ」が日本に

初上陸した石鏡漁港です。

昭和29年の映画に登場した第一作の

ゴジラがこんなにも人気になるなんて

当時は思ってもいなかった。
その石鏡町に4年後に漁師の子として

生まれた山川豊さんは太平洋に面して

有名な海女さんがアワビ・サザエ・イセエビ等

今は高級料理の一つになったアワビ・イセエビを

素潜りして、息を凝らして獲物を捕らえていた。

漁師の子として幼い頃は、漁師の真似をして、漁港で

竹を切って、釣り竿にして、先端にテグスを

巻き、竿の長さより長めにしたテグスに

浮きをつけて、針の近くには錘をつけ

えさは海の中にいる、小魚やミミズをつけて

堤防近くで、えさを付けたテグスを

魚の見える位置に投げ入れて、待つこと

5分もすれば浮きが海の中へ引きずられる。

魚釣りの魅力を幼い頃から感じて

育っていったのです。

山川豊のプロフィール

  • 本名:木村春次(きむら はるじ)
  • 生年月日:1958年10月15日
  • 出身地:三重県鳥羽市石鏡町身長:178cm
  • 体重:69.7kg
  • 血液型:B型
  • 星座:てんびん座
  • 学歴:鳥羽市立鏡浦小学校(閉鎖)
       鳥羽市立加茂中学校
  •    鳥羽の高校を卒業して
       南伊勢総合職業訓練校(ポリテクセンター)
  • 職歴:鈴鹿の自動車会社に1年間板金工として勤務
  • 趣味:ギター・ギャンブル・社交ダンス・釣り・スポーツ全般
  • 特技:ボクシング
  • 資格:アーク溶接技能者・ガス溶接技能者・板金免許・社交ダンス1級・プロボクシングC
  • 級ライセンス
  • ジャンル:演歌
  • 職業:演歌歌手
  • 活動時期:1981年-
  • レーベル:東芝レコード/東芝EMI(1981年-2007年)
         サクラスターレコード(2007年-)
         EMIミュージック・ジャパン(2007年-2013年)
         ユニバーサルミュージック/prime Music(2013年-2020年)
         ユニバーサルミュージック/Lighthouse Music(2020年-)
  • 著名な家族:木村四嘉平・鳥羽一郎(兄)

実家家族

  • 父親:伝蔵さんは漁師
  • 母親:春枝さんは海女
  • 長男:鳥羽一郎
  • 長女:姉
  • 次男:本人
  • 次女:妹

家族

  • 本人
  • 妻:いずみさん一般の方です
  • 子供:長女奈津美(なつみ)さん1994年生まれ
  •    長男隼也(じゅんや)さん1997年生まれ
    家族はかけがえのない大切な存在
    家族は頑張れる原動力になっている。

実家は貧しく家族は!

 

鳥羽市石鏡町は三重県の突端に有り

漁業の盛んなまで、鳥羽市に出かけるのに

陸の孤島と言われ定期船が1日3便しか

通っていなかった。

小学校に通う道が狭く、道路ができるまで

陸の孤島だった。
両親は海が職場で、父親が陸に上がると

定期船で市内の競輪場へ行き現金がなくなると

自宅を賭けて負け実家を失って納屋で寝泊まりしていた。

その後もギャンブルを続け自宅は賭け事に勝手

自宅を取り戻したそうです。

それだけ父親はギャンブルが好きでした。

母親は夜明け前から海に出かけ午後は

畑の仕事をこなしていました。

村全体が海に畑にという生活でした。

山川豊には両親に遊んでもらったことが

記憶にないと言う。

父親が遠洋漁業に出かけていた時は

兄の鳥羽一郎さんが父親の代わりだった。

幼い頃を過ごした場所!

三重県鳥羽市石鏡町は陸の孤島で

毎日、海を眺めては、朝日が太平洋から昇り

夕暮れには山に太陽が沈んでいった。

父親が遠洋漁業で帰ってきたとき

父親と一緒に競輪場に出かけた

その時に父親と一緒に写真を撮ってもらった。

家庭は余り裕福ではなかった。

小学校の給食費1,000円が払えない時期が有った。

山川豊少年は、ひどく貧乏な家庭だと思って

早くお金を稼いで、母親をラクにしてあげたい

子供のころに思ったそうです。

自宅が海に近く海がおやつの宝庫で

夏は海に潜ってアワビを採って

おやつ代わりに食べていた。

小学生の時に猛烈な台風が三重県を

通過している最中に自宅が吹き飛ばされ

そうなったことが記憶に残っている。
鳥羽市は観光の一つとして真珠の養殖が

盛んで、山川豊は高校生の時真珠のピアスを

して、勿論彼女がいた。

山川豊の生い立ちは!実家は貧しく家族は!幼い頃を過ごした場所!のまとめ

三重県鳥羽市石鏡町は台風の通り道でもあって

漁業で生計を立てるのは、家族にとって

厳しい土地柄なんでしょうね。

そんな、陸の孤島と言われた場所で

海の水を産湯にして生まれた山川豊さん

芸名の由来は橋幸夫さんのマネージャーだった

山川豊さんが、階段から落ちて亡くなった

マネージャーの名前を貰って受け継いだ。

そんな山川豊さんも高齢者で

実家の両親の介護に当たって頭を

悩ませているそうです。

兄で演歌歌手の鳥羽一郎さんも

後期高齢者です。

わたしも、実家に母親が90歳を過ぎて

まだ元気でいます。介護は今のところ

妹がいるので心配ないのですが

わたしも高齢者で老々介護が必要になって

来ている時代です。

老人が老人を介護する時代が

当たり前のようになってきました。

山川豊さんも両親、本人と今は必要ないと思っていても

いつかは訪れる時期が来ます。

その為にも、健康で歌い続けられることを

そう願っています。

身体に気を付けて体力をつけて高齢者の域を

乗り越えてください。

これからも益々のご活躍を期待して

おります。

五木ひろしのプロフィール!実家の家族構成・家族に歌は山河!こんにちは、 自由まなぶです。 「わくわくウキウキブログ」 にお越しいただきありがとうございます。 今回の記事は歌手・作曲家・俳...

今日もわくわくウキウキブログを

最後まで読んでいただき有難うございました。