懐かしの人気者

石川さゆりのおもいで!出身は幼い頃から祖母に色々な歌を聴かされて!

こんにちは、自由 まなぶです。

わくわくブログに

お越しいただき

ありがとうございます。

今回の記事は日本のアイドル・演歌歌手・女優の

石川さゆりさんが昨年デビュー50周年を

地元熊本で記念し公演を果たした。

開催された、熊本城ホールは市内を流れる

坪井川に架かる行幸橋の先には熊本城が有ります。

コンサートは支えられたファンの皆さんへの

感謝を込めて歌声を伝えたのです。

コロナでままならない時代の中で

頑張っている若い頃のアイドルではない姿を

最近は和服の似合う演歌を中心に

衛星放送で演歌歌手の方々の中で歌っている

50年ものあゆみの原点は生まれ育った

出身地が気になったので

記事にまとめていきます。

短時間(約3分)でお読みいただけます。

石川さゆりの幼い日の生い立ち!

 

石川絹代さんの生まれた場所は

熊本市内から南へ7.6kmの場所付近

JR九州・川尻駅(かわしりえき)または
バス路線が通っている所です。

飽託郡は今は熊本南区になっていますが

昔は、飽田村には水が豊富で、隣町(川尻町・かわしりまち)

平野と川に挟まれて、古くから港町や宿場町として

栄えていたところです。

父親の職場は熊本市内から川尻町を約7.6km結ぶ

市電で、終点まで終着駅は川尻だったことから

飽田村から3kmの所に発着所が有って

その場所に通っていたと思われます。

父親の職場に石川絹代さんは、熊本市内まで

日曜日には遊びに出かけていたのでしょう。

幼い頃からの買い物と言えば、辛島町(からしまちょう)

熊本の中心部まで行って、

下通り、上通りアーケード街で母親と一緒に

二つのデパート(鶴屋・太陽デパート)

買い物をして、市電に乗って、最寄りの駅で

下車して帰って行ったのでしょう。

祖母も一緒に出かける事もあった。

たまには、市電で遠出して、水前寺公園

家族や・遠足で出かけたと思います。

石川さゆりのプロフィール

  • 本名:石川 絹代(いしかわ きぬよ)
  • 生年月日:1958年1月30日
  • 出身地:熊本県飽託郡飽田村(現・熊本市南区)
  • 身長:155cm
  • 体重:52.9kg(標準体重)
  • 血液型:A型
  • 星座:みずがめ座
  • 学歴:熊本市立飽田東・西・南小学校(3校有ります)
       5年生の時に転校横浜市立城郷小学校?
       横浜市立城郷中学校卒業
       堀越高等学校卒業
    趣味:陶芸・旅行・鉄道・スキー・スキューバダイビング
  • 特技:三味線・日舞
  • シャンル:演歌・歌謡曲・J-POP
  • 職業:歌手・女優
  • 担当楽器:ボーカル
  • レーベル:日本コロンビア(1973年-1993年)
         ポニーキャニオン(1993年-1999年)
         テイチクエンタテインメント(2000年-)
  • 事務所:ホリプロ(1973年-1997年)
        さゆり音楽舎(1997年-)

実家家族構成

  • 父親:石川智(1933年生まれ)熊本市電の運転手・1965年廃止(川尻線)
       2012年79歳で永眠しました。
  • 母親:石川様子(保母さん)歌が好きで子供達に童謡を教えていた。祖父の石川食料店を継いだ。
  • 本人
  • 弟:9歳年下情報を見つけることが出来ませんでした。

熊本で住んでいる頃は、祖母と一緒に

いることが多く、祖母は石川絹代さんに

子守唄を聞かせてもらっていたそうです。

出身は幼い頃から祖母に色々な歌を聴かされて!

その祖母のお陰で、歌を覚えて歌との

出会いが歌手のへと思う心が芽生えたのでしょう。

1968年小学校5年生の時に、父親の

仕事の都合で、転職する事になったのです。

実は父親の仕事先であった、市電の川尻線が

1965年に廃止になっていて、運転手として

電車から降りて、バス路線に変わって
父親が転職先を探しているみたいです。

その転職先が神奈川県横浜市に引っ越ししています。

その前に、飽田は阿蘇の連山から流れた水が

有明海に注ぐ、三角すいの町で、水が澄みきっている場所が

多く点在しています。

真水の料理はやはり、ウナギ料理でしょう。

隣町の川尻町にはウナギのかば焼きで有名

お店は、石川さゆりが子供の頃から既に

有ったお店が、今も残っています。

水の都と言われる熊本から関東平野でも

東京湾の中の横浜に住むことになった

石川家は、父親の仕事は、場所柄的に

家電メーカーの拠点となっている場所であり

父親は家電メーカーに再就職?

それとも、横浜交通局のバス、神奈川中央交通?

石川さゆりという娘を育てていったのでしょう。

1972年14歳、横浜城郷中学校3年生の夏休み

フジテレビ(本社社屋曙橋に有った)系列の

ちびっ子歌謡大会に友達が急に出れなくなって

替わりに出演する事になって合格したのです。

ホリプロにスカウトされ芸能界入りしました。

そして、この年の秋の連続ドラマ「光る海」で

沖雅也の妹役でレギュラー出演し、その他にも

「事件ファイル110」や「新・夜明けの刑事」

などのドラマに出演していました。

1973年15歳高校生1年生の時に

アイドル歌手で「かくれんぼ」のシングルレコードで

デビューしましたが営業活動がうまくゆきませんでした。

この時、既に花の三人トリオ・森昌子・山口百恵・桜田淳子

活躍しており、石川さゆりのアイドルは陰に隠れて人気を

得ることができませんでした。

同世代との差が開いたことで挫折感をあびて、不安になり

かけたが、払拭して歌に没頭することを決意しました。

二葉百合子(日本の浪曲師、演歌歌手)

門をたたき、歌の基礎から学び直して、民謡、日舞にも

挑戦して技術を貪欲に吸収し自分の物に仕上げたのです。

アイドルから演歌歌手としての転向して

1976年18歳の時にアルバム「365日恋もよう」が

発売された中からシングルレコードに選んだのが

「津軽海峡・冬景色」が大ヒットを成し遂げました。

石川さゆりのおもいで!出身は幼い頃から祖母に色々な歌を聴かされて!のまとめ

熊本の南部の水郷地帯でもある村で

生まれて、幼い頃は、祖母と一緒に

童謡を歌い、時には、熊本市内へ出かけ

いきなり団子、アーケード街の中華料理の

太平燕(たいぴーえん)を飲食店で

食べていたのではないでしょうか。

日本では熊本だけにしかないソールフードです。

今流行していましたが、石川さゆりさんが

幼い頃は、熊本ラーメン、紅蘭亭(太平燕)既に

有ったと思います。

熊本の馬刺しも有名で、石川さゆりの喉に

伝わる響きは、歌にも表れています。

高齢者になった石川さゆり、わたしに

これからも、歌を歌って、皆さんを元気に

そして、なにより石川さゆり自身も健康に

気を付けて歌い続けてください。

自分が先生(自分自身の身体を観る)だからです。

 

今日もわくわくウキウキブログを

最後まで読んでいただき有難うございました。