懐かしの人気者

南こうせつの幼い日の生い立ち!実家・大分のお寺で歌っています!

こんにちは、自由 まなぶです。

わくわくブログに

お越しいただき

ありがとうございます。

今回の記事は日本の音楽フォークシンガーの

南こうせつさんのめがねがトレードマークに

変わらないヘアースタイルが幼い頃の

思い出場所が川と山に囲まれた

空気が澄んだところで生まれ育った

出身地が気になったので

記事にまとめていきます。

短時間(約3分)でお読みいただけます。

大分県の中でも大分市内から南へ16kmの

山と川に挟まれたのどかな町です。

周りにはゴルフ市場が点在して

大分市民の憩いの場所になっています。

実家は既にご存じの方もいますが

改めて生い立ちをたどってみました。

曽洞宗勝光寺の三男として生まれました。

お寺の息子さんですから、町内の人は

長男が跡を継ぎ、次男・三男は大分を出て

大分には戻ってこないとまで言われていた
時代です。

勝光寺は大友氏の武将能直によって1196年に

建立されたとされています。

わたしは、おじいさんから聞いた話では

昔の武士は、出家して僧になっていた。

勝光寺には、多くの武士たちが眠っていると

思われます。

竹中地区は鏡城跡北西対岸の30m程の尾根に建っていたそうです。

鶴賀城跡は古戦場の南側にそびえる比高150m尾根に築かれ

利光城とも呼ばれ人名のような城名で大野川を挟んで

お城が建っていました。

勝光寺のお堂には、仏さまが竹中の地域の人達を

見守っているのでしょう。

そんな中で、お寺の中で、幼い頃は丸坊主で

半ズボンで遊んでいたと思われます。

南こうせつのプロフィール

  • 本名:南 高節(みなみ こうせつ)
  • 生年月日:1949年2月13日
  • 出身地:大分県大分市(旧大分郡竹中村)
  • 身長:163cm
  • 体重:58.5kg(標準体重)
  • 血液型:AB型
  • 星座:みずがめ座
  • 学歴:大分市立竹中小学校卒
       大分市立竹中中学校卒
       大分県立舞鶴高等学校
       明治学院大学社会学部中退
  • 趣味:釣り・果物・野菜栽培・ガーデニング
  • ジャンル:フォーク
  • 職業:フォークシンガー
  • 担当楽器:ボーカル・ハーモニカ・フォークギター
  • 活動時期:1976年-
    レベル:日本クラウン/PANAM(1976年-1979年、2001年-)
       日本クラウン/ORPLID(1979年-1980年)
       キャニオン・レコード→ポニーキャニオン/SOH(1981年-1999年)
  • 事務所:ベリーファーム

実家家族

  • 父親:僧侶
  • 母親:チエさん一般の人で教育熱心(亡くなっています)
  • 兄:長男慧昭(えしょう)(実家を継ぎ住職を務める)
  • 兄:次男光洋(早世)
  • 姉:長女(子供の頃、歌が上手かった)
  • 本人:末っ子高節
  • 妻:南いくよ(南育代。エッセイスト)

竹中地区は大分市から約16kmの場所に有って

鉄道も走っています。

鉄道は大分から豊肥本線(大分から竹田・阿蘇・水前寺・熊本)が

九州の真ん中を雄大な阿蘇と大自然の中を走っています。

鉄道ファンの人にはたまらない観光スポットです。

高節少年は、小学校時代は自宅の畑の野菜作りを

手伝ってくれたそうです。

勝光寺は檀家さんが少なく、竹中地区だけで

収入では生活が困難であったことから

自給自足をして、山に行って、鳥や山菜を

取って、食べていたそうです。

小学校の頃はお兄さんに連れられて、

山で木を使って、わなを仕掛け、野うさぎや

スズメ・ヒヨドリ・ツグミと言った野鳥を

獲って食べた事もあったと話してます。

わたしは野うさぎを捕らえる話を
先輩から聞いたことが有りました。

田舎の中学校では、学校行事として

1年生、2年生、3年生の生徒達が小高い尾根に

立つ生徒、裾野で待ち受ける生徒に

別れて、一斉に尾根から一気に下り

下りながら、野うさぎを裾野の方へ

おびき寄せて捕まえる作戦を

田舎の中学校で実施されていたと話していました。

当然、高節少年も、中学校で野うさぎ狩りの

経験が有ると思います。

夏は大野川で水遊びをして遊んでいたと思います。

母親が教育熱心で、高節少年は小学校の頃から

成績は良かったそうです。

法事の時、檀家さんに高節少年は歌が上手いと

言われていて、三橋美智也の「夕焼けとんび」

演歌調で甲高い声の持ち主だった三橋さんの

歌は幼い小学生の変声前の歌にはぴったりして

上手く歌えて、おひねり(小遣い)を

もらったこともあったそうです。

中学時代は自宅から歩いて450mの所に有って

15分もあれば着きます。

遅刻はしなかったと思います。

そんなに離れていない山の中腹に有って、

坂道を歩いていたのでしょう。

中学時代からラジオから流れる洋楽が

好きになって、ボブディランのカントリー曲が

高節少年に衝撃を受けたことでギターをやりたくなり

兄が持っていたウクレレを借りて、練習を始めています。

フォークギターを買うために、小遣いを貯めて、

念願のフォークギターを購入して独学でマスターしました。

当時はギターの弾き語りで有名だったエルビスプレスリー

にも影響を受けて、ロックンロールのまねをして

音楽の道へ進んでいったのです。

高校は大分市内の舞鶴高等学校に入学します。

自宅から高校までは約1時間30分程通学に

かかっていたと思います。

高校は進学校として古くから知られている。

高節少年は音楽(コーラス)部に在籍し部長として

活躍していたそうです。

3年生の時に2学年の後輩とフォークバンド「ヤングフォークスリー」を結成して

音楽活動をしていました。

当時はエレキギターも流行っていて、

高節少年はエレキギターにも熱心だった。

 

洋楽にハマっていた高節少年はもっと洋楽を

知りたいという気持ちや歌手になりたい気持が

目の先は東京で音楽を知りたいと思って

東京の大学を受験しています。

南こうせつは高校卒業して大学受験をして

明治学院大学に進学します。

東京で大学に入学したのは口実で

大学に通わず音楽活動に没頭して

オーディションを受けて21歳の時に

合格して1970年4月に「最後の世界/むなしい歌」でソロデビューします。

デビュー曲は散々でわずかレコード300枚に終わっています。

実家はお寺で仕送りもままならないのに

1年に数回、コメや野菜が届くと「身に染みた」と話しています。

同じ年に森進一郎さん、大平三平さんと「南高節とかぐや姫」を結成します。

1年間の活動で解散します。

 

1971年に山田パンダ、高校時代の後輩だった伊勢正三さんとフォークグループ「かぐや姫」を結成します。

1973年にリリースした5枚目の「神田川」が大ヒットしたのです。

フォークグループの仲間入りが叶ったのです。

しかし、2年後には解散して、南こうせつは

ソロシンガーとして現在も活動を続けています。

南こうせつの幼い日の生い立ち!実家のお寺で歌って出身地は大分!のまとめ

大分の南に位置するお寺の三男として

法事の時に、三橋美智也の歌を歌い

変声前の高い音が、自分が歌手になれる

夢をいだいて、中学校・高校生として

ギターを片手に持って、大学進学ではなく

音楽の道を探しに上京して、

実家の貧しさから飛び出して

両親をホッとさせて上げられる事を

幸せな南家にしたい目的が有って

南こうせつは、今も歌い続けている。

これからも体力がある限り歌い続けて

わたしにも、神田川は濁った川ですが、

大野川は済んでいる魚が見える川です。

環境にやさしい歌声を聴かせてください。

吉田拓郎の出身地、幼い頃の生い立ち!思い出はふるさと鹿児島! こんにちは、自由 まなぶです。 わくわくブログに お越しいただき ありがとうございます。 今回の記事は音楽シンガーソング...

今日もわくわくウキウキブログを

最後まで読んでいただき有難うございました。