懐かしの人気者

加山雄三の父は再婚したの?息子は山下で活動していた!改名の真相は?

こんにちは、自由まなぶです。

「わくわくウキウキのブログ」

にお越しいただき有難うございます。

今回の記事では

加山雄三さんの父は再婚したのか

息子は山下で活動していた!

改名の真相は?について
調べて記事にしてみました。

加山雄三の父は再婚したの?

加山さんのお父さんは
有名俳優:上原謙さんです。

上原謙といえば

戦前から戦後にかけて

絶世の美男子として人気を博した俳優

天下の二枚目スターと評判

の人でした。

上原さんは女優の小桜葉子さんと

1936年に結婚しました。

1937年の4月11日に長男池端直亮(加山雄三)さんが、
誕生しました。

小桜葉子さんは美容体操の草分けの人でした。

美容体操というのは、
今でいう、フィットネスのこと。

当時としては、小桜さんは
レオタード姿でTVに出演して

番組では、

大胆なポーズをお披露目し

ゲストやスタジオの一般客と

一緒に体操をやっていました。

わたしは、当時高校生1年生でした。

当時のテレビは白黒テレビで

カラーでは無かったのですが

小桜さんのレオタードは

凄く、セクシーに感じました。

同じ頃、映画の方は

総天然色と言って、カラーと白黒が

一緒になった映画が多く上映されていたことを

思い出しました。

そんな素敵な上原さんご夫婦でしたが
残念なことに
小桜さんは、1970年5月子宮がんのため死去。

満52歳没。

がんがわかった時には既に手遅れ状態だったそうです。

その後、

上原謙さんは、歌手謙クラブのホステスの

大林雅美さんと再婚しました。

その年の差は、なんと38歳!

当時の上原さんと雅美さんの年の差は

かなり、お茶の間をざわつかせた記憶がありました。

参考までに
ドリフの加藤茶夫婦が年の差45歳でした。

しかし

結婚後、上原謙さんは俳優としての仕事が

ほとんど無くなり

息子の加山さんにバトンタッチしました。

1990年、上原さんは

散歩の途中で倒れ入院しました。

病名は定かではありません。

ただ、退院後も

雅美さんの元には戻らず

息子の加山さんのもとに身を寄せました。

1991年6月

雅美さんとは、離婚しました。

その5か月後、父:上原謙は

加山さん宅の風呂場で倒れました。

家政婦さんが発見し

救急搬送されたのですが蘇生することもなく

82歳でこの世を去りました。

急性心不全でした。

加山さんは、 父:上原謙の死に

記者会見で涙をこらえながら

「静かな老後を送ってもらいたかった,

華やかな芸能生活が順風満帆な役者生活を

送っていたが、長年連れ添っていた嫁を亡くし

その数か月後には事業に失敗し膨大な借金を背負い

再婚するも離婚・・・・・。

老いとともに役者としての仕事も次第に減り

苦労の絶えない生活を送っていた。」

と語っています。

今、加山さんは父上原謙さんの年を超えて

生き続けられているのは、

偉大なる上原謙の子供として

また、自身が大スターで俳優・歌手の「加山雄三」という生き方をしめすことで

加山さんの子供たちが俳優、歌手として父の背中を見て育ってほしい。

と言う、思いがあるのでは?

と感じました。

加山雄三の息子は山下の名で活動していた!

加山さんの次男、加山徹(かやまてつ)さんは

芸能界入りしたころは

山下徹大の名で活動していました。

お母さんは元女優の松本めぐみさんです。

加山徹は慶応大学在学中に19歳で芸能界入りし

「踊る大捜査線」
「プライド」
「相棒」など

の数多くのドラマに、山下徹大の名で出演していました。

しかし、2019年1月に改名し

加山さんの芸名の姓「加山」を継ぐことにしたのです。

いったいどんな心境の変化があったのでしょうか?

改名に至った理由は
いろんな出来事が、重なった2018年にあるのだとか。

特に
加山さんの船舶「光進丸」が火災を起こし、焼失した事件について

徹さんは

「父は、光進丸と一心同体の如く愛していただけに
その辛さや悲しみは、家族の私たちでも想像し得ない。

いったい、父は、立ち直れるのだろうか?

と、不安に思ったそうです。

徹さんの意に反して父、加山雄三は

火災で、怪我人がなかった事を良しとして

また、

形あるものは、いつかは滅びる事を受け入れて

復帰を果たします。

そんな、力強い父の姿勢を目の当たりにして

徹さんは

加山さんの息子に生まれた運命を受け入れて

自らも、自分の姿勢を貫いて生きて行くと決めたのかもしれません。

ある日、父、加山に

「あなたの名前を継がせてください」

と、覚悟を持って伝えてました。

加山さんから、返ってきた言葉は

「ああ、もちろんいいさ!」

ただの反応は、予想とは、ずいぶん違った。

その時の

父の表情は若大将の頃の笑顔と清らかさがあった。

と、徹さんは、かたっています。

加山雄三の息子改名の真相は?

何故、山下の姓を芸名「加山」にしたのか?

加山徹の本名は「池端 徹大」と言います。

そもそも、なぜ
池端でも加山でもなく山下で
デビューし活動していたのでしょうか?

さらに
23年間も慣れ親しんだ山下芸名を
突然すてて加山にしたのでしょうか?

実は、加山徹さんには
父、加山雄三という大スターの息子として
生まれたことへの葛藤有った・・・

徹さんが
小学校低学年の時のエピソードですが

ある日の学校帰りの電車の中で
同級生が
「こいつ、加山雄三の息子なんだぜ」と
大声でいいました。

その瞬間
乗客達の視線が徹さんに向きました。

幼い少年の加山には
その恐怖感と居心地の悪さに
深く傷つけられたと感じ取ったのでしょう。

それから、周りの人から
「加山雄三の息子」として扱われることに
強い抵抗感を持つようになりました。

そんな経験から
父親の芸名「加山」ではなく
「山下」の芸名で活動してきました。

親の看板ではなく
自分の力を芸能界で
試してみたかったのかもしれませんね。

加山雄三の父と息子の記事、まとめ

加山さんには2人の息子さんがいます。

長男:池端信宏

長男は池端信宏(いけはたのぶひろ)さん

1972年生まれで

16歳の時にはアメリカの留学経験があります。

現在は画家や作曲家、映像作家
とマルチに活動していて

変わったところで
花火師という資格を持っています。

国内外で花火師として活躍中で

長岡まつり大花火大会のプロデュース
2016年にリオデジャネイロオリンピック閉会式

など大きな催しの場で
花火の演出を手掛けています。
もしかしたら
今年のTokyoオリンピック2020の演出も参加しているのでしょうか?

次男:加山徹

本名:池端 撤大(いけはた・てつお)

生年月日:1975年生まれ

職業:俳優

芸名:加山徹(かやま・てつ)

2019.1月
これまでの芸名:山下徹大から加山徹に改名し

父:加山雄三さんの芸名「加山」を継ぎました。

改名した理由は?


父、加山雄三の仕事に向き合う姿勢を見るうちに

自身が、大物スター「加山雄三」の息子である事を

誇りに思うようになって来たのだとか。

加山さんは音楽
徹さんは芝居

芸のジャンルは違えども姿勢は見習うべきもの
と思ったそうです。

芸能界だけ特別なわけではありません。

一般の家庭でも

兄弟、姉妹と一人一人の、
生き方は違っていても

子は両親から、学びます。

いろんな困難に直面した時、

親の姿勢や、考え方を真似て、
親を超えようと目標を持って成長します。

親から子へ、姿勢や考え方は引き継がれていくのですね。

加山雄三がゲーム好きで病気発覚?脳梗塞で免許返納!今の状態は?こんにちは、自由まなぶです。 「わくわくウキウキのブログ」 にお越しいただき有難うございます。 今回の記事では 加山雄三さん...
加山雄三の船の火災とは?燃えた船舶の名前や価格!免許の級は!こんにちは、自由まなぶです。 「わくわくウキウキのブログ」 にお越しいただき有難うございます。 今回の記事では 加山雄三さんの船...

今日もわくわくウキウキブログを
最後まで読んでいただき有難うございました。