懐かしの人気者 PR

美川憲一のプロフィール!動物好きで闘牛・昆虫食サソリを食べた味は!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは、

自由まなぶです。

「わくわくウキウキブログ」

にお越しいただきありがとうございます。

今回の記事は演歌・歌手の美川憲一さんが昆虫サソリを食べた。
動物好きで闘牛の育て方に興味を示し学んだ。
サソリの昆虫食が見直されてきていて売れると思い…
気になったので記事にまとめていきます。

美川憲一のプロフィール

  • 本名:百瀬由一(ももせ よしかず)
  • 生年月日:1946年5月15日
  • 年齢:75歳
  • 出身地:長野県諏訪市
  • 身長:172cm
  • 体重:66kg推定
  • 血液型:A型
  • 星座:おうし座
  • 学歴:港区立南桜小学校
       港区立愛宕中学校
       正則高等学校(東宝芸能学校)を中退
       大学進学していません。
  • 趣味:絵画・観劇・ギャンブル・ショッピング・旅行・動物好き
  • 特技:日舞
  • 職業:歌手
  • ジャンル:演歌・歌謡曲・シャンソン
  • 活動時期:1965年
  • 事務所:株式会社オフィース・ミカワ

美川憲一の家族構成

  • 父親:未婚
  • 母親(姉):いし子 妻子ある交際相手との間の子ども美川憲一(2歳の時に結核に罹り)
  • 母親(妹):米子 東京の姉夫婦に育てられた。
  • 本人

闘牛に興味を示す

動物好きで闘牛の育て方に興味を持った。

 

美川憲一は色々な事に挑戦し好奇心の強い人で、

 

色んな所にアンテナを張って、

 

自分が時代に遅れないように、

 

昔から感覚を持っています。

 

旅番組の中で沖縄本島で闘牛と出会ったときの好奇心は

 

うつろな目が、輝いても見えた。

 

沖縄の文化が色濃くのこる町で闘牛を育てている牛舎を

 

一目見ようと訪れます。

 

闘牛はどうやって育てているのか疑問に思ったのでしょう?

 

沖縄闘牛「ウシオーラセー」と言います。

闘牛に仕立て上げるのに最低5年と長く時間がかかる。

 

デビューしても闘う年数は5~6年です。

 

つまり闘牛は12~13年と長生きなんです。

 

ところが私たちがステーキとして頂く肉は、2年程で殺されてしまいます。

 

闘牛の方が長生きするそうです。

 

そのために、強い牛にするために、栄養素の高い飼料、居心地の良い環境を整えてあげなければならないそうです。

 

 

かなり贅沢に育てられています。

 

横綱の牛は子どもを残すこともでき、良い人生を送れるそうです。

 

一方、負けた闘牛は精神的ダメージを受けるたる精神的なケアが必要だそうです。

 

牛飼いの沖縄の人達は、勝つために、個人それぞれの秘策を持っているそうです。

 

闘牛は1トン近くの巨体、立派な体格、とがった角、それに根性が必要。

 

スペインの闘牛は、人間と闘牛が闘い人間が最後に闘牛を殺してしまう。

 

沖縄の闘牛は闘牛同士が闘い、虐待することは無く、相手の牛を柵際まで追い詰め、
または、敗走させると勝ちとなる。

 

 

 

開始から約30分程度で決着する沖縄伝統の闘牛「ウシオーラセー」です。

 

 

美川憲一は興味深く、牛舎を見て育てている牛を見ながら感動してました。

 

 

動物に興味を示していますが、

 

闘牛でも育てようと思っているのでしょうかね?

昆虫食サソリを食べた味は!

美川憲一が、歌う曲にさそり座の女と言う曲が有ります。

 

その曲の昆虫サソリは最近食用として食べられるようになった。

 

最近昆虫食ブームが起きています。

 

近年、食料不足に備えて、日本でも昆虫食を食べる

 

ことのできる、コオロギせんべいを無印が販売しました。

 

わたしも手に取って、ビニール袋に入ったせんべいを手に取って

 

よくよく見るとせんべいの中に黒いつぶつぶが混じっています。

 

お店の中で手に取って見ましたが、まだ買う勇気が出ません。

 

品物がケース棚に置いてありますが

 

少しは減っているみたいです。

 

それにしても、無印にはまだ、サソリの昆虫食は置いてありません。

 

都内では、自動販売機で昆虫食がドリンクの自販機の横に昆虫食の自販機が置かれていて販売しています。

 

 

美川憲一さんが食べたサソリは、「美味しかった」と話していました。

それにしても、歌っていたサソリを75歳になって食べるとは、

 

本人は夢にも思っていなかったでしょう。

 

これからの時代は食料不足が温暖化によって、食べられなくなって、

 

昆虫食に頼らなければならない時期がやってきます。

 

今年は稲刈り時に発生する「バッタの一種、イナゴ」大量に発生して

 

稲の葉っぱを蝕んでいました。

 

葉っぱに穴が開いて、見た目が虫食いでやられてました。

 

イナゴは佃煮にして、スーパーや佃煮専門店で販売されています。

 

イナゴ1パック200円~500円で販売それています。

 

美川憲一さんが食べたサソリの昆虫食は結構高いものだと思いました。

 

国内の物ではないのですが、砂漠地帯やジャングル等で生殖している昆虫です。

 

日本人にはあまりお目にかかった事が無いので

 

違和感が有りますが、それを美川憲一さんは食べたと言ってました。

 

美川憲一は動物好きで、闘牛の育て方に興味を持ったみたいです。

最近は昆虫食にハマっている井上咲楽さんがいます。

良かったら、読んでみてください。

井上咲楽が楽しそうに虫を食用!コオロギをゆでてゴキブリは天ぷらにこんにちは、 自由まなぶです。 「わくわくウキウキブログ」 にお越しいただき有難うございます。 井上咲楽さん眉毛がインパクトで見...

美川憲一のプロフィール!動物好きで闘牛・昆虫食サソリを食べた味は!のまとめ

 

美川憲一さんは75歳とまだまだ現役で活躍している中で、旅行好きで、いろんな場所へチャレンジしています。

 

 

旅先では、やはり食事だと思います。

 

それに、旅先での思い出として、その町の伝統が目を引きます。

 

今回は、沖縄の伝統は闘牛を育てている方の牛舎、

 

闘牛を育てるのがいかに大変であることを実感したと思います。

 

 

闘牛は勝てば横綱、負ければストレスがたまり飼い主は大変です。

 

 

それでも、沖縄の伝統を守るために、闘牛と闘っている人がいる事を

 

忘れてはならないと思いました。

 

美川憲一さんのヒット曲、さそり座の女に因んで、昆虫食のサソリを

口にしたというのです。

 

最近は、昆虫食も流行りつつ有、食べる人も多くいるみたいです。

 

美川憲一さん、今後も好奇心ゆたかで、歌にいろいろな物に挑戦して

 

健康持続してください。

 

今日も私のブログを
最後まで読んでいただき有難うございました。

error: クリックできません。